Bulletin

2015年創業、2.2Mのシード資金を2017年5月にKPなどから調達。

店舗を借り上げて、小分けのスペースにして転貸。1ヶ月ごとで借りられ、商品を置ける。販売は運営元スタッフが提供。

iPadで他の商品を見せたり、メールアドレスなどの顧客情報を集めさせるようにスタッフに指示も可能。

http://jp.techcrunch.com/2017/02/23/20170221bulletin-offers-a-flexible-approach-to-shared-retail-space/

 

ショールームショップの勃発

Bonobosでは販売用の在庫を置かずに、試着、ネット購入ができる店舗を展開。

これらEC発のショップがショールームを用意する流れに乗るか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です