VOICEマーケティング

投稿者: | 2018年1月31日

すでに20%の検索クエリが音声。Alexaの普及によってさらに増大。VOICEマーケティングはこれから拡大する。
https://www.forbes.com/sites/forbesagencycouncil/2017/12/18/how-digital-marketing-will-change-in-2018-15-top-trends/3/#27a7980a526b

音声で購入する人が増加。
https://forbesjapan.com/articles/detail/19313/1/1/1

音声検索では1位しか伝えられないため、これまでSEOに頼ってきたWEBマーケティングにも大きな変化が出る。
https://www.forbes.com/sites/jaysondemers/2018/01/09/why-you-need-to-prepare-for-a-voice-search-revolution/amp/

航空券、ホテル、レンタカーなど旅行業界は電話での予約がこれまでもあったため、VOICEマーケティングには対応したほうがいい。
病気・薬などのヘルスケアも、病状を調べたり、場所を調べたりといったニーズが見込まれる。
金融サービスも。
http://www.adweek.com/digital/why-brands-in-these-3-categories-need-to-prepare-for-the-voice-era/

コンテンツマーケティングも音声を活用するようになる。
B2Bにおいては、講座、ニュースを提供したり、B2Cにおいてはマメ知識、音声ゲーム、レシピ、などなど。
https://insights.newscred.com/content-marketing-amazon-alexa/

絵本に合わせて効果音を出してくれるサービスなども登場。
https://www.noveleffect.com/

 

有望ビジネスとして以下2点。

 

・VOICEスキルの開発

Amazon Alexa、Google Assistantのスキル開発に特化。50万~、6週間以内~。
https://www.services.buttercloud.com/

・VOICEアプリのテスター

スキルの開発に伴うテストを受託。

https://www.pulselabs.ai/