ニーズ・ウォンツ・ベネフィット

ニーズ: 顧客として、どうしても必要、すぐ必要。食べたい、治したい、仕事で使う。

ウォンツ: 顧客として、かっこいい、かわいい、評価される、賞賛される、仲間に加われる、などの欲求。
ウォンツ(+ニーズ): 顧客として、ニーズをより良く満たしたいという欲求。 食べるならおいしい◯◯がいい、治すならキレイな◯◯がいい。仕事で使うならかっこいい◯◯がほしい。

ベネフィット: 提供側が顧客に対して約束する、ニーズorウォンツを満たす結果。このお店でなら食べられます、おいしいと満足できます、かっこよくなれます。
ニーズのみのベネフィット: このお店で食べられます → 価格や提供速度などで比べられ、競争過多。
ウォンツのみのベネフィット: きれいになれます → ニーズが伴っていないため、緊急性がない。そのうちでいいやとなってしまう。
ウォンツ+ニーズのベネフィット: これをお昼に食べればきれいになれます → 必要性、欲求の2つが合わさっており、いますぐ買ってくれる。

ニーズのみの客にウォンツを感じてもらう顧客教育

いますぐ行動するメリット(快楽)をアピールする

行動しないデメリット(苦痛)をアピールする

ウォンツのみの客へニーズを感じてもらう顧客教育

行動しないことによって起る将来のリスクをアピールする。

 

コピー構成

キャッチコピー=ベネフィット

商品・サービスによって得られる顧客の未来

導入=結果

商品・サービスによって起る結果、事実。ベネフィットに違いが、より具体的な事実。

WHY、理由

その結果が出る理由。3段論法で分かりやすく説得。

WHO、信頼できる品質なのか

誰が提供するのか。第三者評価。表彰・メディア実績、権威のある推薦

自分にも当てはまるのか、安心

お客様の声、販売実績

クロージング要素

1.簡単にできる

2.限定

3.買ったらお得な特典付き

4.保証

 

10倍売れるWebコピーライティング

https://www.amazon.co.jp/10%E5%80%8D%E5%A3%B2%E3%82%8C%E3%82%8BWeb%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0-%E3%83%BC%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E7%8E%87%E5%B9%B3%E5%9D%874-92-%E3%82%92%E7%A8%BC%E3%81%90%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%81%AE%E4%BD%9C%E3%82%8A%E6%96%B9-%E3%83%90%E3%82%BA%E9%83%A8/dp/4774164410